療育手帳と心身障害者扶養共済、障害児の親だけの生命保険

      2016/07/01

障害者の親が入れる、お得な生命保険

障害を持つ子の親はだれでも、自分の死後に不安があると思います。特に、お金のことはだれでも、不安に思っているはずです。

親の死後、障害児に毎月2万円支払われる生命保険、それが心身障害者扶養共済です。受け取れる期間は、親の死後から、障害児が死ぬまでです。2口なら毎月4万円です。扶養共済のメリットは保険料が割安なとこ。療育手帳・愛の手帳があれば加入できます。

なぜ安くてお得なのか。

なぜ心身障害者扶養共済の保険料が安いかというと、付加保険料という保険に係る経費分がかからないからです。申込みは市役所などで行い、保険金の支払い責任は、独立行政法人福祉医療機構という国の機関が行います。国の機関が保証してくれた上に、掛金が安いのです。

一般の民間大手生命保険会社の、生命保険に加入すると、付加保険料という保険に係る経費分が、どれくらいかご存知でしょうか?大手生命保険会社の生命保険では、なんと約半分が保険会社の経費なんです。
療育手帳と生命保険
半分は生保レディさんなどのお給料ってことです。本当に保険に使われているのは約半分だけなんです。(ネット生保なら経費は約4分の1)

心身障害者扶養共済、ネット生保、大手生保の経費区分のイメージ図です。
療育手帳と生命保険
障害を持つ子どものために保険料を支払っているのに、半分も保険会社の方のお給料などになっているって、とっても怖くないですか?でも、保険会社も慈善事業じゃないので、事務手数料として付加保険料がかかるのは、しょうがないですよね。

心身障害者扶養共済の加入は、役所で手続き

この心身障害者扶養共済では、市役所や国の機関が事務をサービスしてくれています。障害を持つ子の親だけ限定です。療育手帳・愛の手帳のメリットです。民間の生命保険に加入している方、心身障害者扶養共済へ変更を検討しましょう。手続きは療育手帳や愛の手帳をもらった、市役所などの窓口でできます。まずは市役所の方に相談してみてください。

障害をもつ子にとって、お金はとっても大切です。いい制度でも申請しないと使えません。障害をもつ子のために、しっかり勉強していきましょう。療育手帳・愛の手帳のメリットをお得に活用しましょう。

心身障害者扶養共済で足りない分の保険や、一般の方が加入できる保険は、ちょっとでも安い生命保険を比較・検討して、お金を大切にしましょう。

>療育手帳Q&A、障害者と保険、心身障害者扶養共済はこちら

目次 / Contents

療育手帳の割引 療育手帳とお金 療育手帳の制度・判定・等級 療育手帳Q&A


療育手帳で、もらえるお金 療育手帳と特別児童扶養手当 療育手帳と障害年金 療育手帳と心身障害者扶養共済
療育手帳と障害者マル優制度

よく読まれている記事

療育手帳、障害の判定・等級 1
療育手帳の障害の判定基準・等級って?

療育手帳・愛の手帳の障害の判定基準・等級区分・IQの目安を紹介。A,B,Cや最重度、重度、中度、軽度の区分・等級について説明します。

療育手帳HP管理人、自己紹介 2
療育手帳HP管理人、わたしの自己紹介

このHPの管理人の自己紹介。4児の母で、1番上の子が療育手帳を持っています。子供が知的障害と告げられたとき、泣きました。療育手帳のことがわからず、困った体験から、このHPを作りました。障害を持つ子のお母さん、お互い頑張りましょうね!

わたしの療育手帳、申請手続き体験談 3
わたしの療育手帳、申請手続き体験談

うちの子の療育手帳を申請した時の、療育手帳の申請手続きの流れをご紹介します。療育手帳の申請手続きでは、まずは市役所などの障害福祉担当窓口に申込み。そして、児童相談所で障害の判定を受けます。後日、療育手帳を受け取ります。

 - 療育手帳とお金