療育手帳で、もらえるお金、手当や給付金

      2016/07/03

療育手帳で、もらえるお金のまとめ

療育手帳を持つ知的障害者が、もらえる給付金、補助金などのまとめです。

特別児童扶養手当(20歳未満)

対象者は、20歳未満の知的障害児
最重度〜重度 1級 月額約5万円
中度 2級 月額約3万3千円

障害児福祉手当(20歳未満)

対象者は、20歳未満の知的障害児
最重度〜重度 月額約1万4千円

特別障害者手当(20歳以上)

対象者は、20歳以上の知的障害者
最重度〜重度 月額約2万6千円

障害基礎年金(20歳以上)

対象者は、20歳以上の知的障害者
最重度〜重度 1級 月額約8万1千円
中度 2級 月額約6万5千円

私立幼稚園就園奨励費補助金

療育手帳を持つ家族がいれば「ひとり親世帯等」に該当
補助金が割増になり、最大で年間約30万円。
所得制限はありますが、障害児本人以外の兄弟児でも、幼稚園の費用がほぼ無料になります。

療育手帳がなくても、もらえる給付金

知的障害があるけど、療育手帳は申請していない。そんな子でも、もらえる給付金もあります。
・特別児童扶養手当
・障害児福祉手当
・特別障害者手当
・障害基礎年金
これらの給付金や手当、年金などは、療育手帳の制度とは、別の制度なので、療育手帳・愛の手帳がなくても、障害の等級が認定されれば受給できるものもあります。うちの子も、療育手帳を申請する前から、特別児童扶養手当をいただいてました。

今、うちの子が、もらっているお金は。

うちの子は特別児童扶養手当2級をいただいてます。年3回、4ヶ月分をまとめて13万円程度を振り込んでいただけます。年間で約40万円です。本当にありがたいですよね。

知的障害者が療育手帳でもらえるお金、どの給付金もかなりの金額です。障害者にとってお金は、とっても大切です。せっかくのありがたい制度でも、これらの給付金、補助金などは、自分から申請しないともらえません。申請を忘れているものがあったら、大至急、市役所などの障害者福祉窓口に相談してください。

目次 / Contents

療育手帳の割引 療育手帳とお金 療育手帳の制度・判定・等級 療育手帳Q&A


療育手帳で、もらえるお金 療育手帳と特別児童扶養手当 療育手帳と障害年金 療育手帳と心身障害者扶養共済
療育手帳と障害者マル優制度

よく読まれている記事

療育手帳、障害の判定・等級 1
療育手帳の障害の判定基準・等級って?

療育手帳・愛の手帳の障害の判定基準・等級区分・IQの目安を紹介。A,B,Cや最重度、重度、中度、軽度の区分・等級について説明します。

療育手帳HP管理人、自己紹介 2
療育手帳HP管理人、わたしの自己紹介

このHPの管理人の自己紹介。4児の母で、1番上の子が療育手帳を持っています。子供が知的障害と告げられたとき、泣きました。療育手帳のことがわからず、困った体験から、このHPを作りました。障害を持つ子のお母さん、お互い頑張りましょうね!

わたしの療育手帳、申請手続き体験談 3
わたしの療育手帳、申請手続き体験談

うちの子の療育手帳を申請した時の、療育手帳の申請手続きの流れをご紹介します。療育手帳の申請手続きでは、まずは市役所などの障害福祉担当窓口に申込み。そして、児童相談所で障害の判定を受けます。後日、療育手帳を受け取ります。

 - 療育手帳とお金